フルーツ青汁 ファスティング 断食

フルーツ青汁でファスティングや断食する方法をまあ詳しく解説したいと思います

フルーツ青汁を使って断食をしたりファスティングダイエットに挑戦されている方もたくさんいます。フルーツ青汁がなぜ断食やファスティングに適しているのかというと、ほどよい甘みがあり飲みやすく、栄養もたっぷり含まれているので断食やファスティングのときの栄養補給としても適しているからです。

 

フルーツ青汁を使って断食やファスティングをする時の方法としては、いろいろなものがありますが最短でなら断食期間が48時間のものがあります。その方法としては、一日目は朝にフルーツ青汁を4杯、昼は食前にフルーツ青汁を3杯と軽食としておかゆを1杯、夕食はフルーツ青汁を4杯で済ませます。

 

翌日の2日目は、朝にフルーツ青汁を4杯、昼はフルーツ青汁を3杯に軽食としてスープなどを1杯、夕食はフルーツ青汁を食前に3杯と軽食にスープとサラダを食べます。

 

その後、復食期間として3日目は朝にフルーツ青汁を1杯と軽食のおかゆ、昼はフルーツ青汁を1杯と消化の良い食事、夕食はフルーツ青汁を1杯と高カロリーではない食事をします。

 

最終日である4日目は、フルーツ青汁を1杯に軽食としておかゆなど、昼はフルーツ青汁を1杯に消化の良い食事、夕食はフルーツ青汁を1杯と普通の食事をします。これで最短の48時間で行う断食は終了です。

 

ちなみにフルーツ青汁にプラス軽食などフルーツ青汁だけではない食事時間は、食前にフルーツ青汁を飲んでから軽食や消化の良い食事を摂るのが基本的なルールとなっています。

 

また、断食をした日数と同じ期間、復食期間としてあてるのが通常なので、断食後すぐに食生活を戻さないこと、復食期間をどうやって過ごすかで断食の効果が長続きするということをしっかりと覚えておきましょう。

 

また、断食やファスティングをして復食期間が終わったら、5日目からは1食置き換えダイエットで体型や体重を維持していく断食の効果を持続させることにつながります。

 

置き換えるのは、朝昼晩どこでも構いませんが、動くことが少なくなる夕食をフルーツ青汁に置き換えると効率よく摂取カロリーを抑えることができます。