フルーツ青汁 授乳中 妊娠中 副作用

フルーツ青汁は授乳中、妊娠中でも副作用とかないの?赤ちゃんに影響しない?

体にいいものがたっぷり含まれている青汁ですが、妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫なのか心配になる方もたくさんいるのではないでしょうか。フルーツ青汁も健康食品の一つなので、薬のように副作用が起こるということはほとんど稀ですから、あまり心配することはありません。

 

ただ、体に良いからといって、また赤ちゃんや母体のためだからと言って飲みすぎてしまうと下痢を起こすことがあると言います。フルーツ青汁には、食物繊維がたくさん含まれています。

 

食物繊維は便秘を解消するのにとても適していますが、たくさん飲みすぎると下痢や腹痛を引き起こしてしまうこともあるので、一日コップ1杯を目安にして飲むことをおススメします。

 

妊娠中や授乳中は便秘になりやすいので、フルーツ青汁で食物繊維を補っていけば便秘を改善していくことができますが、かといって飲みすぎは副作用とまではいかないものの、消化器系のトラブルを起こしかねません。飲む量を調節しながら、自分に合った量を見つけていくのも一つの方法です。

 

また、フルーツ青汁はビタミン類も豊富に含まれています。フルーツ青汁を飲んだからと言ってビタミン類が過剰摂取されるということはありませんが、製品によってはビタミン類を添加しているものもありますから、妊娠中や授乳中は表示の内容をしっかりと確認して、どれが安心して飲むことができるのかチェックすることも忘れてはいけません。

 

普段の食事にプラスする形でフルーツ青汁を飲むのであれば、副作用などはまず起こりにくいといえますが、フルーツ青汁のみならず食べ過ぎたり飲みすぎれば体に支障をきたしてしまう可能性は出てきます。フルーツ青汁にも飲む量の目安がありますので、それを目安にしながら飲むようにしていきましょう。

 

基本は一日コップ1杯ですが、2〜3杯くらいまでなら問題はないとされています。母体にも胎児や赤ちゃんにもしっかりと栄養を届けるために、フルーツ青汁を取り入れることはとても良いことですが、飲みすぎないように、また体調を見ながら飲む量を変えていくと良いでしょう。